全国津々浦々を走り出したMEANINGのスタートダッシュを目撃!
思わぬロングセットを披露した初日公演をここに!!

MEANING "SHINE OUR JOURNEY" RELEASE TOUR
November 9, 2012 at Chiba LOOK

新作『SHINE OUR JOURNEY』をひっさげ、全国ツアーへと出発したMEANING。ニアミスが続いて
なかなか観る機会がなかったので、初MEANINGを拝むため、千葉LOOKを訪れた。あれだけの強固な
主張を込めた新作が、果たしてライヴではどう鳴り響くのか…。

この日、サポートとして出演したのはOLEDICKFOGY。10-FEETのTAKUMA(vo,g)もお気に入りの
バンドなので、知っている人もいるだろう。今年の京都大作戦を含み2度観ているが今回が一番
ハードコア・パンクらしさがにじみ出ていたと思う。野外で観た際はフォークミュージックの要素が
前面に出て、さながらあたりは村祭りのような雰囲気だったが(笑)、こういったライヴハウスでは
うるさく鳴るドラムやギターが主導権を握っていた。モッシュやダイバーも出現。同時にラスティックの
枯れた佇まいも健在で、哀と動の対比が、独特のピースフルな雰囲気を生み出していた。
あと、バンジョーの弾きかたがやたらかっこよかった(笑)。

そしてMEANINGだ。『SHINE OUR JOURNEY』の冒頭にある和太鼓とともにメンバーが登場、
そのまま“BRAVE HEART”へとなだれ込む。「千葉LOOK、かかってこいよ!」。ショッキングピンクの
髪を振り乱し、柵から身を乗り出して叫ぶHAYATO(vo,g)をはじめ、全員がすでに戦闘体勢だ。
中盤のブレイクダウンから彼もギターを抱えてトリプルギター編成となり、“HERO”、“HERE FOR YOU”
と新作をなぞる形で3曲が続いた。序盤は少しギターの音が引っ込んでいた印象だったが、そんなこと
は関係なしに、音源をはるかにしのぐ熱量で観客をぐいぐい引っ張っていく。とにかく叩きつけるかの
ようなテンションは圧倒的だ。かと思えば、MCでは全員が非常に謙虚。「かっこいいとか、そういうのは
ほかのバンドに任せますね」という控えめな発言やメンバーが隠れてアイドルのコンサートに行っていた
という暴露まで、何もそこまで言わなくても…と思いきや、また曲が始まればあのテンションが復活する。
なんとも面白い(笑)。

それにしても、フロアの観客のノリも独特の感覚だ。まず、ハードコア/メタルバンドのライヴでよく観られる
ようなサークルピットはなし。ブレイクダウンでテコンドーモッシュが起きたのも1曲のみ。サークルピットに
関しては会場の規模のこともあったかもしれないが、MEANINGが多彩なファンをしっかりと掴んでいることの証拠
だと思う。しかしクラウドサーフはひっきりなしに起こっていた。サーファーがステージに上がってこないよう
押し返すため、スタッフが何度も走ってきていたが、“INFECTION”では抑えきれずにステージダイバーが登場
したほど。そこにHAYATOが飛び込んでいくだけでなく、KAWAGUCHI(g)やYOKKUN(g)が前に出てきて煽るので、
ときにはステージが見えなくなるほどの人が飛び上がっていた。いつのまにか、フロアには自ら発射台となって
人を担ぎ上げる者まで出現する始末(笑)。

また会場全体の統一感にも驚いた。ヘヴィなパートでは拳をあげてシンガロングしたかと思えば、
ギターソロや静かなパートはじっと聴き入る。バンドが再びヘヴィに疾走を始めると、またシンガロングや
クラウドサーフが起こる。全員がしっかりと彼らの曲を聴いて、理解しているんだなと思った。
新曲を中心に、ところどころに旧曲をはさんでいく形でセットは進んだ。普通なら「新曲がまだバンドに
馴染んでいない」と思うものだが、ツアー初日にも関わらず、演奏のキレやパワーに違いは感じなかった。
この日のハイライトは間違いなく、日本語でアジテーションする“MEANING to be here…”から“Smile”という、
本編ラストの2連発だ。前のめりになって倒れそうな勢いで駆け抜ける前者から、優しさと激情が交錯する
ラストの流れは圧巻の一言。フロアに飛び込み、絶え間なく転がってくるクラウドサーファーを抱き締めながら
叫び声をあげるHAYATOの姿が、目に焼きついた。

「アンコールをやるつもりがなかったから、たくさんやることにしたんだけど…」ということだったが、
その思惑とは裏腹にアンコールの声があがった。それに応じて“HOPE”と“Judgement”を披露。これで
終了する頃には、なんとトータルで100分をゆうに越えていた。とてもツアー初日とは思えない。事前に
INOMAN(ds)から「90分やります!」と聞き、中だるみするんじゃないか…と思っていたが、懸念していた
事態はまったくなかった。彼らのむき出しの熱気は圧巻だったし、ドラマ性と緩急豊かな楽曲が、しっかりと
一連の流れを生み出していた。

彼らのツアーは、来年2月24日の渋谷公演まで続く。そのなかには、川崎のCLUB CITTAでの自主イベント
SPOOKY ZOOも含まれている。MEANINGは絶対に観るべきバンドだ。彼らのライヴ初体験の僕に、これだけの
インパクトを浴びせたのだ。自信を持って勧めたい。



文・望月裕介/text by Yusuke Mochizuki
photography by Chabo(Oledickfoggy)& Ayumi Saruya (MEANING)

▲ TOPへ戻る  ◂前の記事へ/  ▶次の記事へ